2012.01.18

研究会に思ふ

先週の土曜日に、久しぶりに(というか実は初めてかもしれない)ミュージアム研究者の集う会合に足を運んでみた。土曜日は13時ぐらいまでジムに行っているので、結構ぎりぎりで会場に到着。研究会そのものを論評しても仕方がないので、そこでの議論を通じて感じていたことを幾つか気の向くままに書いておこうかなと思う。

前半は、教育学系の研究者が多いミュージアム業界らしく、かなりinformalな形で自由に議論を促すことのできる組み立てがしてあって流石だなあと思った。ただ、僕個人は、手段としての有効性は認める一方で、「学習環境をデザインすることで皆さんの想像力を引き出すんですよ」というメタメッセージ自体にある種の居心地の悪さを感じる人間なので(であればいわゆるクラスルーム的な環境で、学習して上位水準に到達することを「明示的」に義務づけられた方が従うのも降りるのも楽と思ってしまうので)、心地よいか、戸惑うかはいつも紙一重なのである。

で、前半の前後半をテーマに基づいて5,6人のピア・グループに分かれて短い議論をするのだが、最初のミュージアムにおける人材育成の議論は比較的引きながら聞いていた。全般的には現状学芸員養成課程の講師が基本的に現場の経験者で、どうしても話す内容が属人的な内容になり、「博物館学」としてのある種の普遍的な質を欠くという流れになっていたのだけれども、一番の問題である学芸員養成課程それ自体の設置数が多すぎるという問題が議論されていない。つまり、各大学が競って学芸員養成課程を持つことで、必然的に講師の数が増加する一方で、博物館学の研究者自体はさほどポストとしては存在せず、非常勤の現場の学芸員を呼ぶことで凌いでいる結果バラツキが出ざるを得ないという負のスパイラルが見落とされていると感じた。僕は学芸員資格は基本的には不要で、各専門分野で博士課程まで進んだ研究者のなかで、現場を志向する方がOJTで職務を覚えていくか、もしくは博士課程まで行った方に対してダブル・ディグリー的な形で専門職としての学芸員資格を授与できるごく少数の教育機関が存在すればいいと考えている。このような仕組みであれば、一定程度までは属人的な変数としての「学」としての質を保つことは可能なのではないだろうか。少なくとも「博物館学≒学芸員養成講座」の感覚が抜けない限り、この学問は日本ではジリ貧になる気がする。

字数的には実はこれで限界なので、幾つかどころか一つも十分には言及できていないのだけれども、他にも僕個人としては異論を抱く場面は幾つかあったのは確か。ただ、このように異論を抱くためには誰かが発言していなくてはならないわけで、そのような場を継続的に維持していること自体は素晴らしいことだと思う。若い方のために今後もますますのご発展を願うのである。

«
»

Trackback

http://toshiromitsuoka.com/blog/2012/01/18/689/trackback/

2 Responses

  1. 研究会へのご参加ありがとうございました。

    短い時間の中での議論では消化不良の感は否めず、問題の核心に触れるところまではなかなか行きませんね。私もいくつもの論文にまたがる内容をサラリと流してしまったので、十分な議論ができなかったと反省しております。懇親会でも色々な方に指摘されてしまいました。

    学芸員養成課程に関してはご存知かと思いますが、平成24年度の改正にともない学内実習をできる学内施設の整備が求められており、できない大学は講座を閉鎖する方向性もあるようですし、文科省の指導もその方向性のようです。344大学という過大な数字は是正されていくのではないかと思っております。江水さんもこの辺りの話はよくご理解されていると思います。

    「博物館学≒学芸員養成講座の感覚」の指摘は私も同意です。博物館経営を研究している私としては博物館職員の有すべき能力は多様であり、ICOMの提唱する方向性の方が腑に落ちます。

    今回はmuseum+の紹介としての位置付けも多分にあり、十分な議論ができなかったと反省しております。今後、月例研究会にて議論を深めていければ幸いです。どうぞよろしくお願いします。

    平井

    2012.1.19 at 10:35 AM

  2. 平井さま

    わざわざコメントを頂きありがとうございます。この手のブログでの感想は基本的に後出しジャンケンなので、このようにご丁寧なコメントを頂いて恐縮しております。僕は細かな学芸員養成課程の仕組み等には、ほとんど普段は関心のない人間なので勝手なことが言えるんですよね。

    僕は今までのところは本職はメディア研究/社会学で、対象を共有する議論は普段なかなかする機会がありませんでしたので、前回の研究会は貴重な機会になりました。また、機会がありましたらお声をおかけくだされば幸いです。ブログにも書きましたが、改めまして貴会の今後のますますのご発展を願っております。

    mitsuokatoshiro

    2012.1.21 at 9:56 AM

Leave a Reply