Discussions

I. Dissertations

  • 博士論文 『変貌するミュージアムコミュニケーション-ミュージアムというメディアの形態資料学に向けて-』
    (2013年4月、東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究専攻)
  • 修士論文 Reconceptualising Museums as Media
    (2007年9月、ロンドン大学ゴールドスミス校メディア&コミュニケーション学科)
  • 修士論文『ミュージアムコミュニケーションモデルの構築 — 来館者研究の再構成』
    (2005年3月、東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究専攻)

II. Papers

  • 『レジャー・スタディーズ』
    (「ミュージアム」を担当。2015年7月、渡辺潤編、世界思想社)
  • 『よくわかる社会情報学』
    (「デジタル化する美術館・博物館」、「移動とスクリーン」、「マーシャル・マクルーハン」を担当。2015年5月、西垣通・伊藤守編、ミネルヴァ書房)
  • 『よくわかるメディア・スタディーズ〔第2版〕』
    (「メディアとしての博物館」を担当。2015年4月、伊藤守編、ミネルヴァ書房)
  • 「メディア研究における空間論の系譜 — 移動する視聴者をめぐって —」
    (2015年3月、東京経済大学コミュニケーション学会、『コミュニケーション科学』第41号)
  • 「誰のための公募展」
    (2015年2月、宮入恭平編『発表会文化論 — アマチュアの表現活動を問う』青弓社 )
  • 「写真集というメディア」
    (2014年6月、粟生田弓・小林杏編『1985/写真がアートになったとき』青弓社)
  • 『コミュニケーション学がわかるブックガイド』
    (うち四項目を担当。2014年2月、東京経済大学コミュニケーション学部監修、NTT出版)
  • 「国際展<論>のポリティクス」
    (2012年3月、伊藤裕夫・藤井慎太郎編『芸術と環境 — 劇場制度・国際交流・文化政策』、論創社)
  • 「ミュージアムにおけるインタラクティビティの両義性 — デジタル技術と選択する来館者 — 」
    (2012年3月、早稲田大学演劇博物館GCOEプログラム、『演劇映像学2011』)
  • 「グローバル化の分光器としてのミュージアム — グッゲンハイム美術館の世界拡張戦略を事例として —」
    (2011年3月、早稲田大学演劇博物館GCOEプログラム、『演劇映像学2010』)
  • 「なぜミュージアムでメディア研究か? — ロジャー・シルバーストーンのミュージアム論とその射程」
    (2010年3月、日本マス・コミュニケーション学会、『マス・コミュニケーション研究』第76号、第四回日本マス・コミュニケーション学会優秀論文賞受賞)
  • 「ミュージアムコミュニケーション概念の批判的再検討 — 二つの歴史的事例を中心に」
    (2009年12月、全日本博物館学会、『博物館学雑誌』第35巻第2号、2011年度全日本博物館学会奨励賞受賞)
  • 「ミュージアムコミュニケーション概念の有効性 — ミュージアムとメディアの時代 — 」
    (2009年3月、文化資源学会、『文化資源学』第七号)
  • 「コミュニケーション空間としてのミュージアム — ミュージアムスタディーズにおけるメディア論の可能性 —」
    (2006年3月、文化資源学会、『文化資源学』第四号)

III. Articles

IV. Reviews

V. Others

  • 翻訳 ジェフリー・スコット著 坂牛卓・邉見浩久監訳『人間主義の建築:趣味の歴史をめぐる一考察』、鹿島出版会、2011年
  • 翻訳 エイドリアン・フォーティ著、坂牛卓・邉見浩久監訳『言葉と建築 — 語彙体系としてのモダニズム』、鹿島出版会、2006年
    (第一部第六章、第二部「コンテクスト」、「真実」担当)
  • ブログ 「アートと『公共』」
    artscape blog:第五ターム

Conversations

I. Presentations

  • ’Locating Screen Studies in the Context of Japanese Media Studies’
    (2016年12月、Crossroads in Cultural Studies 2016、シドニー大学、シドニー)
  • ‘Triennales Built on Empty Imaginations: Understanding “Region” in Japanese Art Festivals’
    (2015年8月、Inter-Asia Cultural Studies Society, 国立アイルランガ大学、スラバヤ)
  • デジタル時代のメディア研究の方途を考える:『アフター・テレビジョン・スタディーズ』の出版を手掛りに」、伊藤論文のコメンテーター
    (2014年6月、東京大学)
  • アーカイブでつながる・アーカイブでつなげる―拡がる地域映像アーカイブの可能性」、水島久光、原田健一、小林直毅、中村雅子、上野直樹との共同発表
    (2013年10月、東京都市大学)
  • 遍在するスクリーンを理解する―その方法と可能性―」、大久保遼、近藤和都、飯田豊との共同発表
    (2013年9月、社会情報学会、早稲田大学)
  • 「〈余暇〉から〈レジャー〉へ―余暇研究のパラダイムシフト」、小澤孝人、佐藤生実、宮入恭平、薗田碩哉との共同発表
    (2013年9月、余暇ツーリズム学会、早稲田大学)
  • 複合メディア環境におけるスクリーンの遍在―『メディアコンプレックス』とメディア考古学の視点から」、大久保遼との共同発表
    (2012年9月、社会情報学会、群馬大学)
  • 「メディアとしてのミュージアム — メディア文化研究への視座」、村田麻里子、毛利嘉孝との共同発表
    (2011年6月、日本マス・コミュニケーション学会、早稲田大学)
  • 「ミュージアムというメディア形式の実証研究:「‘おいしく、食べるの科学展’」のインタビュー調査を題材にして」
    (2010年6月、全日本博物館学会、明治大学)
  • The shift of the concept of museum communication from the 1950s to the 1960
    (2010年3月、IOS-IASA Joint Workshop of Young Sociologists, 中央研究院、台北)
  • ‘Missionary of Art or Cultural McDonald? : A Tentative Analysis of Guggenheim’s Global Expansion Strategy’
    (2009年7月、Inter-Asia Cultural Studies Society, 東京外国語大学)
  • 「ミュージアムコミュニケーション論の系譜 — ミュージアム・スタディーズにおけるメディア研究の受容と展開」
    (2009年6月、日本マス・コミュニケーション学会、立命館大学)
  • ‘Museums as Media, Media in Museums’
    (2008年7月、Inter-Asia Cultural Studies Society, 延世大学、ソウル)
  • 「ミュージアムにおけるコミュニケーション概念を再考する」
    (2008年6月、全日本博物館学会、明治大学)
  • 美術館と社会 — 美術館の位置する社会を描く」、天野太郎、稲庭佐和子、住友文彦、藤高晃右との共同発表
    (2007年3月、トヨタアートマネージメントフォーラム2007、トヨタ自動車東京本社)
II. Talks

III. Educational Activity

  • 東洋美術学校「博物館情報・メディア論」非常勤講師(2010年夏学期)
  • 東洋美術学校「博物館情報論」特別講師(2009年12月)
  • 「Variations on a Silence — リサイクル工場の現代芸術」展エデュケーター(2005年)
    展覧会に合わせ、大学生・社会人を含む7名をインターンとして採用した。内容は同展の教育普及プログラムの企画・実施だが、このインターンのプログラムのデザイン、指導を行った。